メンズ前髪の切り方の3つのポイント!男性もセルフカットでモテ髪に!

前髪のカットは難しい?

ズバリッ。簡単です!
ここでは、セルフカットで「ぱっつんの前髪の切り方」「アシンメトリー(ナナメ)の前髪のカットの仕方」「束感シャギーの前髪にカットするやり方」を説明します。感覚だけで前髪をセルフカットしていた人もプロの理容師美容師が実際に行っているカットテクニックや具体的な切り方のノウハウをご紹介しますので、是非参考にしてください。

女性の前髪の切り方は「おうちで誰でも簡単に。美容師が教える前髪セルフカット。」のページをご覧ください。

スポンサードリンク



カッコいい前髪を切るには まず、いいイメージを作る。

まずはどんな形の前髪があるか見てみましょう。スタイルブックや雑誌などカッコいい芸能人を参考にしたり、おしゃれな人を参考にしてみてもいいですね。「こんな前髪かっこいい」と思う前髪があったら、参考にしてみましょう。

前髪はその人の印象を変えてしまう所です。えり足は1㎝長さが変わってもそこまで印象は変わらないですが、前髪は5㎜違うだけで大きく変わってしまいます。眉毛を出すのか、隠すのか、アシメトリーにするのかアップバングにするのか。まずはじっくりと自分に似合う前髪を見つけましょう。

スポンサードリンク



事前準備:髪を切る前にくせ取り&ブロッキング

まずは寝癖や変に浮き上がりのクセがある場合はスプレイヤーなどでしっかりと濡らしましょう。クセがとれたらドライヤーでしっかり髪を乾かします。髪の特徴として乾くと濡れた状態より髪が短くなります。なので濡れた状態でカットすると乾いた時に思っていたより短くなります。普段ヘアアイロンなどを使う方はアイロンで伸ばしてからカットするのも有りです。


人気ヘアアイロン

次に前髪の切る範囲をダッカールなどでブロッキングをします。前髪と後ろ髪を分けます。前髪は眉尻を目安にして三角形にブロッキングしダックカールで留めます。

これを最初にしないと前髪の端を切りすぎてしまい、結果肌の露出が多くなって顔が大きく見えるので気をつけましょう。

こんな感じに前髪をブロッキングします。

事前準備ができましたら、いよいよ前髪をカットしていきますよ。

前髪をシャギーにカットするやり方

① 前髪のガイドを作る

前髪を人差し指と中指で挟んでまっすぐ下ろします。自分の切りたい長さを決めてカットしますが、最終的になりたい前髪の長さよりも0.5㎝〜1㎝ぐらい長目に切ると良いです。後で整えたり、梳いたりするとどんどん短くなっていくので長めにしておくのが前髪をカットする時のコツです。切りすぎちゃうと元に戻せませんからね。

カットする時のハサミの角度は横ではなく縦にしましょう。いわゆるチョップカットです。横にカットするとぱっつん感が出ますので縦にハサミを入れて毛先がバラバラになるようにカットします。

② 前髪にレイヤーを入れてシャギー調に梳く
前髪にレイヤーを入れていきましょう。前髪を頭皮に対して90度に持ち上げ①で切ったガイド(画像の緑色の部分)をベースにハサミでチョップカットしましょう。専門的に言うとセイムレイヤーですね。画像の赤色の部分をカットします。

そして10%〜30%のすきバサミで毛量調整をしていきましょう。すきバサミも沢山種類がありますが、慣れていない方はあまりスケないすきバサミを使った方がいいです。よくスケるすきバサミは慣れると早いですが、失敗すると変なラインがついたり穴が空いたりします。なので10%〜30%ぐらいがオススメです。

まずは上下にブロッキングをします。

下のラインからすきバサミを入れていきます。ひとつまみづつ中間から毛先へ3〜5回づつ入れていきます。下のラインは根元から空くとペラペラにスキすぎた感じになるので中間からすいていきましょう。前髪がどのくらいの薄さになったか目視しながらやるのがコツですよ。ガイドはスキすぎちゃうと短くなるので注意しましょう。

下のラインがスケたら上のラインをスイていきます。上のラインは下よりは、スイても大丈夫なので根元付近から毛先にかけて4〜6回づつスイていきます。スキすぎるとペラペラに薄毛の人の様になったり、スカなすぎると重くそろった様な感じになりますので、慎重に目視しながら丁度良い軽さを目指して梳きます。

完成図 こんな感じにシャギー調の前髪にできましたか?

シャギー調の前髪のヘアモデル。

スポンサードリンク


ぱっつんの前髪の切り方

ぱっつん前髪はマッシュ系の髪型の人が多いですね。芸能人の方で言うとアレキサンドロスの川上さんやゲスの極み乙女の川谷さんやもしくはk–popのexoやビックバンがいます。

ブロッキング
ぱっつんの前髪は左右対称に合わすのが意外と難しいので前髪だけで4つにブロッキングをして、細かく切っていきましょう。

図の様に4つにブロッキングをし、①〜③の順番で切っていきます。画像の①部分でまずガイドを作ります。その時になるべく真下に下ろして切ります。髪を持ち上げてカットすると長くなったり、レイヤーが入って軽くなりすぎるので注意しましょう。

①でしっかりガイドができたら②を真下に下ろして①に合わし切ります。最後に左右の③を切ります。このときに前髪の形を真っ直ぐにするか、丸い感じにするのかを決めてカットしていきます。

毛量調整
ぱっつん前髪の中でも好みの重さがあると思うので毛先を空いていきましょう。ガイドの部分をすいてしまうと長さが変わってしまうので主に上の部分をすいていきます。根元から空くと軽くなりすぎなので中間から毛先にかけて10%〜30%のすきバサミですきます。

完成図 ぱっつん前髪に仕上がりましたか?

ぱっつん前髪のヘアモデル。

アシンメトリー(ナナメ)の前髪のカットの仕方

アシメトリーはセルフカットでする方が多いですね。前髪は1番印象が変わる所なので雰囲気を変えたい人はオススメです。芸能人だと俳優の成宮さんやノンスタイルの井上裕介さんなどがしています。

前髪アシンメトリーのガイド作り
まず右流しにするか左流しするかを決めます。目安としてはつむじの回転の向きが人によって右回りだったり左回りだったりするのでその向きに合わせたり、前髪の生え癖に合わせたりして決めるといいでしょう。

流す方向が決まったら生え際から2センチぐらいをブロッキングされた前髪をひとまとめにし、流したい方向とは逆の方向に持っていきます(下の図を参照)。だいたい目の位置ぐらいにまとめてカットするといいでしょう。長さもその時に決まるので、一番短くなる部分が目の上か下か?眉の上か下か?を決めてカットします。端にいくほど長くなる前髪にカットされてアシンメトリーな前髪になります。

レイヤーを入れます
前髪にレイヤーを入れていきます。前髪を頭皮に対して90度に持ち上げ最初に切ったガイドをベースにハサミでチョップカットしましょう。専門的に言うとセイムレイヤーですね。ガイド部分を切ると短くなりますので注意してください。

毛量調整

10%〜30%のすきバサミで毛量調整をしていきます。下のラインからすきバサミを入れていきます。ひとつまみづつ中間から毛先へ3〜5回づつ入れていきます。下のラインは根元から梳くとペラペラにスキすぎた感じになるので中間からすいていきましょう。

人気のすきバサミ

下のラインがスケたら上のラインをスイていきます。上のラインは下よりは、梳いても大丈夫なので根元付近から毛先にかけて4〜6回づつ梳いていきます。スキすぎるとペラペラになったり、スカなすぎると重くそろった様な感じになります。アシンメトリーは短い方は多めに梳いて、長い方は重めにスクと自然な毛流れができアシメトリー感が出ます。生え際の髪は梳きすぎると長さが短くなるので注意しましょう。

完成図 どうですか?斜めにアシメトリーな前髪に仕上がりましたか?

アシメトリーな前髪のヘアモデル。

アップバングの前髪のカット方法

アップバングは最近の流行りの前髪です。芸能人で言うとEXILEのタカヒロさんや三代目j Soul brothersの登坂さんや今市さん。サッカー選手だとドルトムントの香川選手やセレッソの柿谷選手がいます。

アップバングのガイド作り
アップバングは基本的に山なりの前髪になりますので、わかりやすくまず縦に3つのパートに分けブロッキングをします。

①から切ります。山なりに切っていきますが、角度によって雰囲気がだいぶ変わりますので好みの前髪を探しましょう。特徴としては、山なりに大きく角度をつけるとアップバングを強調しますし、山なりをゆるやかな角度にすると自然なアップバングが仕上がります。なので高さと角度を決めて切っていきます。

①が出来たら②③と繋げるように切ります。この時も山なりなので外側に行くにしたがって長くなるように切ります。

レイヤーを入れる
前髪にレイヤーを入れていきましょう。前髪を頭皮に対して90度に持ち上げ2番で切ったガイドをベースにハサミでチョップカットしましょう。専門的に言うとセイムレイヤーです。ガイドを切ると短くなるので注意しましょう。

毛量調整

10%〜30%のすきバサミで毛量調整をしていきます。まずは上下にブロッキングをして下のラインからすきバサミを入れていきます。ひとつまみづつ中間から毛先へ3〜5回づつ入れていきます。下のラインは根元から空くとペラペラにスキすぎた感じになるので中間からすいていきましょう。

下のラインがスケたら上のラインを梳いていきます。上のラインは下のラインよりは、梳いても大丈夫なので根元付近から毛先にかけて4〜6回づつスイていきます。自分の好みの量に梳いてていきましょう。

梳きすぎるとペラペラになったり、梳かなすぎると重くそろった感じになりがちです。アップバングは真ん中の部分はやや多めに梳くと上げやすくなります。そして外側に行くにしたがって重めにすると自然な毛流れができます。ガイドはスキすぎると長さが短くなるので注意しましょう。

アップバング完成図 どうですか?ふわっと前髪が上がりましたか?

アップバングな前髪のヘアモデル。

まとめ

いかがでしたでしょうか。セルフカットで「ぱっつんの前髪の切り方」「アシンメトリー(ナナメ)の前髪のカットの仕方」「束感シャギーの前髪にカットするやり方」「アップバングの前髪のカット方法」を紹介しました。好みの前髪を自分で切る時に参考にしてください。

またセルフカットで横の髪の切り方も「サイドの切り方3ステップ!」に掲載していますので、ご覧ください。セルフカットに使う便利なアイテムも掲載していますので「セルフカット便利グッズ」もご覧ください。