セルフカット!ツーブロックの切り方3step!

セルフカット・バリカンの使い方

ツーブロックとは、どんな髪型?

そもそも、ツーブロックってどんな髪型を言うの?って方もいるかと思います。ツーブロックとは、頭の上部分の髪を長めに残し、下部分は刈上げなど短く切って、長く残した上の髪を被せる繋がりのないブロックを分けた髪型のことです。

1980年代に俳優/吉田栄作の影響などでツーブロックブームがあり、2011年代から再び俳優/小栗旬・伊勢谷友介・オダギリジョーなどの影響で再流行しました。


スポンサードリンク



カッコいいツーブロックを作るには・・・・・?

まずどのようなツーブロックがあるか探しましょう。ツーブロックといっても刈上げる範囲や刈り上げの薄さによって髪型がずいぶん変わってきます。

スタイルブックや雑誌などを見ても良いですし、インターネットで好きなアーティスト、エグザイルやk-popなどを真似ても良いです。

感覚で仕上げるのではなく、「この髪型カッコいい!真似したい。これにしたい!」という髪型を探しましょう。そして、その写真を鏡の前に置いてからSTARTです。\(^^)/


前髪をブロッキング

カットを始める前に前髪を切り過ぎない様にブロッキングをしましょう。ピンやゴム、ダッカールでもいいです。束める物があれば何でも良いですよ。

前髪をブロッキングしておかないとサイドをカットしたときにサイドをカットしたつもりが、前髪をカットしてしまう失敗があります。そうなると想像しただけでもゾッとしますね。危険を回避するためにブロッキングは必ずしておきましょうね。



スポンサードリンク



①バリカンでのツーブロックの切り方

バリカンを持つ前にまず、ツーブロックのラインを紹介します。緑色の部分が刈上げる範囲です。

①〜③はもみあげから耳上付近のツーブロックです。

④はもみあげから耳裏までバリカンが入ったツーブロックです。⑤はもみあげ〜ぐるりと一周して反対のもみあげまでバリカンが入っています。サイドと襟足が全部刈り上がっているということですね。

⑥はツーブロックというよりかは、震災刈りです。大正の関東大震災直後に流行ったことが名前の由来だそうです。髪の毛をかぶせずにかきあげ、刈り上げ部分を見せる髪型です。

こんな感じにツーブロックといっても色々な形があります。もっと自分でアレンジして、違う形の物を作っても良いですね。自分の刈り上げたい部分は決まりましたか?

ブロッキングをしましょう。

ブロッキングは短く刈上げる部分と長く残す部分を分ける作業です。長く残す部分をかきあげて髪の毛が落ちてこないようにダッカールなどで止めます。下の残った髪の毛をバリカンでカットしていきます。

バリカンを使用する時の注意点。

バリカンは2枚の刃で出来ています。下の刃は動かない静刃。上の刃は動く動刃と言います。バリカンを入れる時は、動かない静刃を地肌につけるように使います。

動刃を地肌につけると、髪の毛にラインが入ってしまったり、地肌が切れてしまう可能性もあるので絶対にやめましょう。


バリカンの設定する長さは、沢山ありますが1mm〜10mmの間が多いと思います。1mmだと地肌が見えてくる感じで、青白くなります。5mmだとツーブロックしたのはわかるけれど、青白くはならないぐらいかなと思います。1㎝だと青くならずナチュラル、自然な感じで仕上がります。

バリカンで失敗しないコツは、長めの厚さで刈上げてみて、目で見て確かめながら徐々に短い厚さのバリカンを使っていくと理想とする長さに近づけることができると思います。いきなり短くしすぎると後戻りはできませんので慎重にやりましょう。

②ツーブロックのオーバーセクションのカット


アンダーセクションはバリカンが入っているので上のオーバーセクションをカットしていきます。バリカンの入れる範囲も6パターン紹介しましたが、上のオーバーセクションのパターンもさまざまです。短くするのか、長くするのか?軽くするのか、重くするのか?

ツーブロックのラインをやんわり見せたい方はもみあげに重ねるように切っていきます。ツーブロックをしっかり見せたい方は耳の高さから斜め上に上がっていくようにカットしていきます。

上の髪の毛は寝る長さが〇

耳裏まで刈上げを入れるツーブロックと後ろも一周ツーブロックを入れる髪型の場合は、ショートスタイルはあまり向かず、髪質の固い直毛の方だとパイナップルみたいに跳ね上がります。なので、ミディアムスタイルからロングスタイルが適しています。髪の長さで髪の毛が寝るぐらいが良いと思います。


下のガイドラインができましたか?

今はまだマッシュルームヘアのように重たい感じなっていると思います。マッシュルームヘアが良いという方は、そのままで毛量調整、セニングすると良いです。

もう少し軽い束感のあるレイヤースタイルにしたい方はレイヤー、段を入れていきます。そのあとに毛量調整、セニングをしていきますね。

軽い束感のある感じにしたい方はセームレイヤー。より軽く束感がより目立つようにしたい方はハイレイヤー。やや重めでふんわりボリュームを出したい方はグラデーションをいれていきましょう。

レイヤーの入れ方は「サイドをレイヤーカットにする切り方3ステップ」に切り方を詳しく掲載しているので参考にしてください。


震災刈りの切り方。


この髪型は、髪の長さ・髪質・生えグセによって難易度がかなり変わるので自分の髪が震災刈りにふさわしいのか、しっかりと見極めましょう。

やりやすい髪質の方は、髪が寝るぐらいの長さがある・猫毛やくせ毛・前髪につむじなどなく全体に横に流れている髪質だと良いです。逆に向いていない髪質は、短髪・剛毛で直毛・前髪の生えグセがバラバラで毛流れがない髪質だとあまりオススメしないです。

カットの手順はまず髪の毛の生えグセ、毛流れを見ます。前髪の毛流れとつむじの回転があっていると、やりやすいですね。

髪の毛の流れやすい方向に髪をかき上げます。右に髪が流れる癖がある人の場合は左側を刈り上げます。バリカンの入れる範囲の目安としては、瞳の真ん中から頭の「はち」の所(耳の上の出っぱっている部分)まで真っ直ぐ進みます。はちの所から後ろは、やや円を描くようにラインを取ると良いです。

バリカンの長さは、やや長めをオススメします。6㎜〜10㎜が丁度良いです。バリカンのいれる範囲が広いので1㎜や2㎜だと薄すく感じてしまうのであまりオススメしません。

③ツーブロックのセニング 梳き

ツーブロックスタイルに切ったオーバーセクションの毛量調整をしていきます。毛量調整はセニングバサミ(梳きバサミ)やレザー(カミソリ)などがありますが、今回はセニングバサミ使って梳いていきます。

セニングバサミと言ってもたくさん種類があるのでどれを使ったら良いか分からないと言う方もいるかと思います。なので自分にあったセニングバサミを探しましょう。

簡単に説明すると少しづつ梳くことができるセニングバサミとたくさん梳くことができるセニングバサミがあります。少なければ10%〜30%ぐらい梳くことができ、多ければ50%〜80%ぐらい梳くことができます。

オススメは10%〜30%の少しづつ梳くことができるセニングバサミです。50%〜80%の多く梳くことができるセニングバサミは、なれると早いですが、梳きすぎると穴ができたり、セニングバサミのラインができたりします。



オススメのすきバサミ

きちんと分けてセニングする。

梳く時はまずツーブロックの高さに合わせて、横に1パネル〜3パネルに分けます。下のパネルからセニングバサミを斜め45°に傾け、順に根元、中間、毛先と梳いていきます。

パネル①が終わったら次に②・③と順番に進みます。ひとパネルづつダッカールやピンで止めると、より見えやすくてやりやすいと思います。

ひとパネルごとに前から後ろへ、もみあげ部分から耳裏へと順番にセニングバサミを入れていきます。根元、中間、毛先と順番に梳きバサミを開閉します。3回から5回ずつです。あまり多く梳きバサミを入れすぎると軽くなるどころか、毛が無くなるので注意しましょう!

梳き加減はスタイルやあなたの好みになってくるので、軽めで束感を求めるのであれば多めに梳き、マッシュ系の重めなスタイルにする方は梳きは少なめにし、重めに仕上げましょう。

最後に左右を手で触り同じ質感、軽さになっているかチェックしましょう。


あなたの好みのツーブロックのスタイルはできましたか?


セルフカットで自分の髪を切る時にとっても便利な道具がありますので、「セルフカット便利グッズ」も合わせてお読みください。


スポンサードリンク