カットの周期を2ヶ月延ばす!伸びた髪を整えるバランス調整カット

あなたのご家庭で、旦那さんや息子さんのボサボサに伸びた髪を見て、「見栄えが悪いなあ・・・」とか「早くカットしに行けばいいのに」と思うことがあると思います。そういう時、ちょっと自宅でカットしてバランスを整えたり、毛量を減らして、「美容室に行ったみたい!!」という感じにできる方法を紹介します。

今回は美容室でカットしてから、3,4ヶ月経って伸びた髪を想定しています。あくまでこれから髪を伸ばしていくとか、カット周期を少し延ばしたいという、応急処置的なカットですので、全体的にカットしてヘアスタイルを変えたい方は当サイトの「子供カットの切り方やり方」からご希望のページをご覧ください。

今回紹介するカットのやり方は慣れれば5分くらいでできるカットなので 是非、最後まで読んでいただければと思います。

スポンサードリンク


オーバーセクション(頭の上半分)をカットしてバランスを整える

まず美容室でカットして数ヶ月経った時、1番気になるのは前髪の長さではないでしょうか?前髪が気になって美容室に行く人は多いと思います。そこで 前髪を含めた、上半分の部分(オーバーセクションといいます。)をカットする方法を紹介します。

前髪とトップ(頭の頂点の辺り)が軽くなり、更に全体的にすきバサミで毛量を調節することによってスッキリしたシルエットに仕上がります。これからなぜそういう切り方をするのか、説明しながら切り方もご紹介します。

なぜ前髪を切るだけじゃダメなのか?

さて、さきほど前髪が気になって美容室に行くと書きましたが、「じゃあ気になった前髪だけ切ればいいのでは?」とお思いの方もいると思います。それが通用するのは 女の子の髪型の場合です。もともと前髪がサイドやトップの髪と繋がっていない場合、前髪がどんな長さでも構いません。ロングヘアだけどパッツン前髪という人もいますよね?

お母さんが息子さんの髪を、切り方がわからなくて前髪だけ切り続けた結果、女の子みたいな髪型になっているのを見たことはありませんか?つまり男の子の髪型は女の子と違って前髪からもみあげまでのフェイスライン、そしてトップとも繋がっているのが基本なのです。
スポンサードリンク


カットに必要な準備物

カットするために必要な物は・・・・
○ハサミ
○すきバサミ
○櫛(コーム)
○首に巻くタオル
○カットクロス(ゴミ袋に穴を開けたものでもOKです。)
○水スプレー
○もしあれば お子様の注意をひく、タブレット等あれば良いと思います。

それでは切る準備として 水スプレーでしっかり濡らして、ウェットな状態にして切っていきましょう。自宅でセルフカットをする時にあると便利なグッズは「セルフカット便利グッズ」のページをご覧ください。

その1 顔周り(フェイスライン)から切る

最初に1番気になる、前髪をカットします。そして前髪からもみあげに繋がるライン、フェイスラインをカットします。


↑今回はこれくらいに伸びたというパターンを想定しています。


↑前髪は目尻から目尻までのラインをカットしてもみあげに繋げていくと、お顔を包み込むようなラインになり、小顔効果があります。では実践です。


↑あまり切りすぎるとバランスが取りにくくなりますので、2〜3センチくらいをカットするようにしましょう。初めての方は2センチ、慣れてくると3センチ・・・というふうにしましょう。

できればチョップカット(縦にハサミを入れるカット)でギザギザにしたいところですが、難しければ真っ直ぐ切った後、すきバサミで毛先を先細にするといいです。コーム(櫛)でキレイにときつけてから切りましょう。

現在、髪は濡れた状態で切っていると思います。髪の毛は乾くと少し縮むので気持ち長めに切っておきます。後からすきバサミですいても短くなりますので、最終的にイメージする長さより5ミリから1センチくらい長めに切っておきます。


↑こんな感じで目尻から目尻のラインを切ります。自信のない方はクリップ等で分けてもオッケーです。そうすると失敗しにくいですね!


↑次は目尻上の毛と、もみあげに繋がるラインをきります。

こんな感じで引き出してカットします。反対も同様にカットします。


↑フェイスライン切り終わりました。これだけでも結構スッキリ感ありますね!

ただこのままだとマッシュ風になってしまうので、頭のてっぺん辺りの毛(トップ)と繋げてカットしていきます。

余談ですが、マッシュ風にしたい場合はトップは切らず、襟足の毛を短くするだけでマッシュスタイルになります。お子様にすると可愛い感じになりますね。女の子にも似合うスタイルです。

前髪とトップ(頭の頂点の辺り)を繋げるカット

さあ、前髪とトップを繋げていきます。

↑このように頭のちょうどセンターのライン、前髪ごと引き上げます。コーム(くし)を地面と平行に引き出します。前髪を切らないようにしながら平行なラインでカットします。そのラインの延長線上が頭の1番出ているところ、トップまで切りすすめます。


↑トップから後頭部までの毛も地面と平行に引き出して出てくる毛全部切ります。


↑この図の赤い線を切り終わりました。中心の茶色い丸を起点に緑のラインに沿ってコームで引き出します。角度は全て、地面と平行なラインに引き出します。地面と平行なラインから出てこなくなるまで 引き出してカットします。


↑するとこんな感じになります。ハイレイヤーとか ボックスレイヤーと呼びます。


↑これで 長さを切るカット(ベースカット)は出来ました。

ここから全体を梳いて仕上げると・・・


↑こんな感じになります。

ちなみに すきバサミの使い方を知りたい方は「すきバサミで全体の毛量を減らす方法。髪の毛を梳くやり方。メンズ編」をご覧ください。

いかがでしょうか?伸びたスタイルのフェイスラインとオーバーセクション(頭の上半分)をカットしただけで こんなにスッキリするんです!一応、お子様向けと書いてますが、もちろん大人の方にも適用できます。これだったら初心者の方でもトライできるかと思いますので、是非挑戦してみてください。

なお、カットは自己責任ですので、もし失敗したなと思ったら、理美容室でお直ししてもらってください。ここまで読んでいただいて ありがとうございました。

スポンサードリンク


コメントの入力は終了しました。